メモリ・マップ

HI-6138/37/36/35のメモリ・マップを下図に示します。RT部分のメモリ・マップは共通ですが、BC/MT部分はデバイスにより異なります。


メモリ・マップ


メモリ・マップの説明
アドレス 名称 機能
0x0000〜0x0051 レジスタ 82個のレジスタを持ちます。
0x0180〜0x01BF 割り込みログ・データバッファ 最新の32個の割り込み情報を保持する循環バッファです。
割り込み情報ワード、割り込みアドレス・ワードから構成されます。
0x01C0〜0x01DF RT一時受信バッファ メッセージのトランザクション中のコマンド、データワードを一時的に格納するバッファです。
メッセージの正常終了時に、データが割り当てられたサブアドレス・バッファに転送されます。
0x0200〜0x02FF RT不正テーブル サブアドレス、送受信ビット、ワード・カウント(モード・コード)を含む11ビットと ブロードキャスト、非ブロードキャストの組み合わせで設定されます。
不正テーブル検出が使用されない場合、RTはすべての有効なコマンドに対して応答します(未定義モード・コードを含む)。
0x0400〜0x05FF RTデスクリプタ・テーブル 有効なコマンドに応答するターミナル動作を定義します。
このテーブルは、32個(Rx SA)、32個(Tx SA)、32個(Rxモード・コード)、32個(Txモード・コード)用に128個のブロックが用意され、 各ブロックは4ワードで構成されています。
0x0600〜0x1FFF ホスト割り当てSRAM ホストにより割り当て可能なSRAM領域です。
・RT用の送受信データ・バッファ
・BC用スケジュール設定、送受信データ・バッファ
・MT用データ・バッファ として使用されます。

▲ページトップに戻る