HOME > 製品技術資料 > 1553用プロトコルIC一覧

MIL-STD-1553用プロトコルIC一覧

Holt    http://www.holtic.com/

以下に、株式会社ナセル取扱製品 Holt社の代表的なMIL-STD-1553用のプロトコルICを示します。
各デバイスの無償評価ボードがありますので、ご要望の方は「お問い合わせ」からご連絡ください。

型番 機能 T/F パッケージ イメージ 特徴
HI-2130

BC/MT/RT×2

トランス内臓

SPI

パラレル

BGA

PGA

HI-2130 15×15×4.4 mmの HI-2130LBxxは、絶縁トランス内臓で高機能の製品です。トランスを含めても4.4mm 高さなので、PMC/XMCに最適です。
HI-6130 BC/MT/RT×2 パラレル

PQFP

QFN

BGA

PGA

HI-6130 トランス非搭載の標準的なコントローラです。
HI-6131 BC/MT/RT×2 SPI
HI-6138 BC/MT/RT SPI

PQFP

QFN

HI-6135 必要な機能によって製品を選択可能です。また、ローコスト/小型(6×6 mm)で製品を実現できます。
HI-6137 BC/RT SPI
HI-6136 RT/MT SPI
HI-6135 RT SPI


HI-2130

HI-2130は、ホストプロセッサに対して、16Bitパラレルバス・インタフェースと SPIインターフェイスの両方のI/F機能を持ち、 プログラムによりどちらか一方を選択可能です。また、デュアル・トランシーバ、デュアル・トランスを1つの小型のパッケージに統合しています。

ロープロファイル15×15×4.4mm HI-2130LBxxは、絶縁トランス内臓製品では、世界最小のシングル・パッケージ1553ターミナルで、 XMC、またはPMCなどの用途での使用に最適です。

○ セラミック・パッケージ
HI-2130


○ メタル・パッケージ
HI-2130


○ 評価ボード ADK-2130
    評価ボード日本語マニュアル: AN-2130(JP).pdf
HI-2130



HI-6130/31

このデバイスは、ホスト・プロセッサとMIL-STD-1553Bバス間の完全なシングル、またはマルチファンクション・インタフェースを提供します。 各ICは、BC、MT、および2×RTが含まれています。任意の組み合わせの機能を同時に使用可能です。 ホスト・アクセスには、次の2つのオプションがあります。

  • HI-6130: 16Bitパラレルバス
  • HI-6131: 4線式シリアル・ペリフェラル・インターフェイス(SPI)

パッケージ・オプションは、ホスト・インターフェイスのI/Oピン数が異なります。

このデバイスには、リセット後の自動初期化機能があります。外部ROM専用のSPIポートがあり、シリアルEEPROMからデータを読み取り、各ターミナル・デバイスに対してレジスタとRAMを自動的に初期化します。


○ 評価ボード PCI Express仕様(有償) ADK-6130PCIe
    評価ボード日本語マニュアル: AN-6130pcie(JP).pdf
HI6130_PCIe


○ 評価ボード(無償) ADK-6130 (パラレル)
    評価ボード日本語マニュアル: AN-6130(JP).pdf
HI-6130


○ 評価ボード(無償) ADK-6131 (SPI)
    評価ボード日本語マニュアル: AN-6131(JP).pdf
HI-6131



HI-6138/37/36/35

このデバイスは、MAMBAと呼ばれる低コストの製品ファミリーです。
MAMBA
Multi-terminal ASIC for MIL-STD-1553 Bus Application

このデバイスは、ホスト・プロセッサとMIL-STD-1553Bバス間の完全なシングル、またはマルチファンクション・インタフェースを提供します。 各ICは、BC、MT、およびRT機能の組み合わせにより型番が異なります。 ホストアクセスには、40MHzの4線式SPIを使用して通信を行います。

HI-6138/7/6/5は、リセット後の自動初期化機能があります。外部ROM専用のSPIポートがあり、シリアルEEPROMからデータを読み取り、各ターミナル・デバイスに対してレジスタとRAMを自動的に初期化します。


○ 評価ボード(無償) ADK-6138 (SPI)
    評価ボード日本語マニュアル: AN-6138(JP).pdf
    API評価ボード日本語マニュアル: AN-6138api(JP).pdf

HI-6138

HI-6138/37/36/35 技術解説









▲ページトップに戻る