HOME > 製品技術資料 > BC設定 > メッセージ・コントロール/ステータス・ブロック

メッセージ・コントロール/ステータス・ブロック

メッセージ・コントロール/ステータス・ブロックの構造を下図に示します。

スケジュール構造

メッセージ・コントロール/ステータス・ブロックの各ワードの意味を下表に示します。

名称 説明
BCコントロール・ワード このワードはメッセージ・フォーマット選択、アクティブ・バス選択、 メッセージ・リトライ、メッセージ終了割り込みの有効、予期されるRTステータス・ワード・フラグを含みます。
コマンド・ワード RT-RTメッセージの場合、このワードは受信コマンド・ワードです。
データ・ブロック・ポインタ データを含むサブアドレス・コマンドおよび、モードコード・コマンドの場合、このワードはRAM内の メッセージ・データ・ブロックの開始アドレスを示します。データのないモード・コマンドの場合このワードは使用されません。
次メッセージまでの時間 ここにロードされたタイム・カウントは、メッセージ開始時にデクリメントを開始します。 値がメッセージの実行時間を超えると、次のメッセージ配信を行います。
分解能は1μsecで最大値は65.535msecです。
タイムタグ・ワード 内部タイムタグ・カウントの現在値は、メッセージ開始時にタイムタグ・ワードに書き込まれ 再度メッセージの最後に書き込まれます。
BCが16Bitタイム・ベースを使用する場合、このワードには完全なタイム・カウントが格納されます。 BCが32Bitタイム・ベースを使用する場合、このワードにはBit15-0を含み、ループバック・ワードの代わりにブロック・ワード7(ハイ・タイムタグ・ワード)にBit31-16を含みます。
ブロック・ステータス・ワード メッセージ・ステータス(処理中、または、完了)、送信バス、メッセージ中のエラー有無、エラー・タイプに 関連する情報を提供します。このワードはメッセージの完了後にデバイスによって書き込まれます。
ループバック・ワード BC(16Bitタイム・ベース使用時)によって送信された最後のワード。
タイムタグBit31-16(32Bitタイム・ベース使用時)
受信RTステータス・ワード RT-RTメッセージの場合、このワードはRTステータス・ワードです。

メッセージがRT-RTの場合、メッセージ・コントロール/ステータス・ブロックには8ワード追加されます。

名称 説明
送信コマンド・ワード デバイスにより、送信コマンド・ワードが格納されます。
受信RTステータス・ワード デバイスにより、受信RTステータス・ワードが格納されます。
6×未使用アドレス これは、ブロックが8ワードまたは、16ワード単位になるように調整するためにあります。

▲ページトップに戻る