HOME > 製品技術資料 > BC設定 > 割り込みレジスタ設定

割り込みレジスタ設定

割り込みレジスタの設定は、以下の4つのレジスタに対して行います。
● ハードウェア割り込み有効レジスタ(0x000F)
● ハードウェア割り込み出力有効レジスタ(0x0013)
● BC割り込み有効レジスタ(0x0010)
● BC割り込み出力有効レジスタ(0x0014)


ハードウェア割り込みレジスタ

ハードウェア割り込み有効レジスタ(0x000F)

ハードウェア割り込み有効レジスタ(0x000F)

ハードウェア割り込み出力有効レジスタ(0x0013)

ハードウェア割り込み出力有効レジスタ(0x0013)

ビット 名称 R/W 初期値 説明
15 HSPIINT R/W 0 ホストSPI割り込み
予期しない数のSCKクロック・パルスがSPIトランザクション中に発生した。
14 EECKE R/W 1 EEPROMチェックサム・エラー割り込み
自動初期化が有効な場合に適用されます。
RAMPF RAMパリティ失敗割り込み
このビットは、デバイスがRAMパリティ・チェックに失敗したときに1に設定されます。RAMエラーは訂正不能です。
13 RAMIF R/W 1 RAM初期化失敗割り込み
自動初期化が有効な場合に適用されます。
WDTX 送信機ウォッチドック・タイムアウト
バスA、バスB送信機には、それぞれ663μsを超える連続送信を防止するためのウォッチドック・タイマがあります。
12
11
LBFA
LBFB
R/W 0 ループ・バック失敗バスA割り込み(LBFA)
ループ・バック失敗バスB割り込み(LBFB)
RTが送信したすべてのワードに対してデバイスは、ワードの有効性をチェックします。同期、エンコード、ビット数、パリティ・チェックが含まれます。
LBFA Bitは、バスA上の無効/ミスマッチ・ワードを検出するたびにセットされます。
LBFB Bitは、バスB上の無効/ミスマッチ・ワードを検出するたびにセットされます。
10 MTTTRO R/W 0 MTタイムタグ・カウンタ・ロールオーバー
MTのタイムタグ・カウンタがフルカウントからゼロにロールオーバしました。 「Time Tag Counter Configuration Register (0x0039)」で選択されたオプションに応じて、MTタイム・カウントは16Bitまたは48Bitのいずれかになります。
9 BCTTRO R/W 0 BCタイムタグ・カウンタ・ロールオーバー
BCのタイムタグ・カウンタがフルカウントからゼロにロールオーバしました。 「Time Tag Counter Configuration Register (0x0039)」で選択されたオプションに応じて、BCタイム・カウントは16Bitまたは48Bitのいずれかになります。
8 Reserved 未使用
7 RTTTM R/W 0 RTタイムタグ・マッチ
16Bit RTタイムタグ・カウンタは、RTタイムタグ・リロード/マッチレジスタに含まれる値に一致するカウントに増加します。
6 MTTTM R/W 0 MTタイムタグ・マッチ
MTタイムタグ・カウンタは、MTタイムタグ・リロード/マッチレジスタに含まれる値に一致するカウントに増加します。
5 BCTTM R/W 0 BCタイムタグ・マッチ
BCタイムタグ・カウンタは、BCタイムタグ・リロード/マッチレジスタに含まれる値に一致するカウントに増加します。
4 Reserved 未使用
3 RTAPF R/W 1 RTターミナル・アドレス・パリティ失敗割り込み
MRの立ち上がりエッジでRT動作ステータス・レジスタ(0x0018)にラッチされたRTアドレスおよび、パリティ・ビットが奇数パリティを示さないときにセットされます。
2-0 Reserved 未使用

BC割り込みレジスタ

BC割り込みレジスタは、3つのレジスタを使用しBC割り込み動作を制御します。 「BC割り込み有効レジスタ(0x0010)」にビットがセットされると、対応するBC割り込みが有効になります。
有効にされた割り込みイベントが発生すると、対応するビットが「BCペンディング割り込みレジスタ(0x0007)」にセットされ、 割り込みログ・バッファが更新されます。
対応するビットが「BC割り込み出力有効レジスタ(0x0014)」に設定されている場合、メッセージの完了時にIRQ出力がアサートされます。


BC割り込み有効レジスタ(0x0010)

BC割り込み有効レジスタ(0x0010)

BCペンディング割り込みレジスタ(0x0007)

BCペンディング割り込みレジスタ(0x0007)

BC割り込み出力有効レジスタ(0x0014)

BC割り込み出力有効レジスタ(0x0014)


ビット 名称 説明
15 BCWDT BCウォッチドック・タイマ割り込み
BCフレーム時間の有効期限切れ
14 SELMSG BC選択メッセージ割り込み
メッセージ・ブロック・コントロール・ワードのBit4(EOM)を持つMIL-STD-1553メッセージの完了
13 BCGPQ BC汎用キュー・ロールオーバー割り込み
64ワードの循環BC汎用キュー・ポインタがベース・アドレス値にロールオーバした
12 BCRETRY BCリトライ割り込み
BCによるリトライ・メッセージの発生。有効にすると、成功または失敗に関係なく、最後に有効になったメッセージのリトライ (1回または2回)後に割り込みが発生します
11 CSTKERR BCコール・スタック・ポインタ・エラー割り込み
オーバーフローまたはアンダーフローのために、BCサブルーチン・スタック深さに違反しました。 コールスタック・レベルはBCのCAL(サブルーチン・コール)が実行されるたびに増分されます。 RTN(サブルーチン・リターン)が実行されるたびに減少されます。コールスタック・レベルの許容範囲は0〜7です。
10 BCTRAP BCトラップ割り込み
BCが不正なOPコードをフェッチし、BC動作は現在の1553メッセージが完了すると停止します。 不正なOPコードは、未定義またはパリティ・チェックに失敗したか、バリデーション(Bit9-5)の値が間違っています。 これが発生すると、「Bus Controller (BC) Condition Code Register (Read 0x0037)」のBCRUN Bit15および、 「Bus Controller (BC) General Purpose Flag Register (Write 0x0037)」が0にリセットされます。

9 STATSET BCステータス・セット割り込み
BCは、間違ったRTアドレス・フィールドを含むRTステータス・ワードを受信した、または8つの非予約ステータス・ビットのうち少なくとも 1つについて予期しないビットを持つ。これらのビット(BCRビットを除く)期待値は通常0です。
8-5 BCIRQ3:0 BC割り込み要求Bit3-0
この4Bitが0でない場合、BCはIRQ OPコードを実行しました。Bit8:5の値は、IRQ OPコードに関連するパラメータの4LSBと等しくなります。 ユーザはアプリケーション要件に合わせて4Bitのパターンを定義することができます。
4 BCMERR BCメッセージ・エラー割り込み
次の5つの条件のいずれかが有効な場合、この割り込みが発生します
1. 非ブロードキャスト・メッセージが、ME(メッセージ・エラー)ステータス・ビットが設定されたRTステータス・ワードで終了した
2. RT応答のタイムアウト
3. BCループバック障害
4. RTステータス・ワードのアドレスが正しくない
5. 最小ギャップ時間の違反(有効な場合)
3 BCEOM BC終了メッセージ割り込み
メッセージの有効性に関係なく、メッセージが終了した
2-0 Reserved 書き込み不可、読み出し時000

▲ページトップに戻る