BC設定

BC初期化手順

BCとして使用する場合に必要となる初期化手順について、下記の表に概要を示します。詳細はそれぞれのリンク先を参照してください。

処理 説明 関連レジスタ、RAM
リセット ハードウェア・マスター・リセット MRピン(23番ピン)入力
レジスタ
設定初期化
マスター・コンフィグレーション・レジスタの初期化 Master Configuration Register 1 (0x0000)
タイムタグ・カウンタ・コンフィグレーション・レジスタ Time Tag Counter Configuration Register (0x0039)
汎用キュー・ポインタの初期化 Bus Controller (BC) General Purpose Queue Pointer Register (0x0038)
ハードウェア割り込み有効、BC割り込み有効、割り込み出力レジスタの初期化

・Hardware Interrupt Enable Register (0x000F)

・Bus Controller (BC) Interrupt Enable Register (0x0010)

・Hardware Interrupt Output Enable Register (0x0013)

・Bus Controller (BC) Interrupt Output Enable Register (0x0014)

BC命令リストの初期化 BC命令リスト開始アドレス・レジスタに初期アドレスをロード Start Address Register for Bus Controller (BC) Instruction List (0x0033)
BCメッセージ・コントロール/ステータス・ブロック初期化 各メッセージ・ブロックに、コントロール・ワード、コマンド・ワード、データ・ブロック・ポインタ、次メッセージまでの時間を初期化する。 ホスト割り当てSRAM
【0x0600〜0x1FFF】
BC命令リストの初期化 OPコードとパラメータのペアからなるBC命令リストを作成する。 ホスト割り当てSRAM
【0x0600〜0x1FFF】
データ・ブロックの初期化 送信データを含む送信ブロックを初期化する
(RAMの全ての受信データ・ブロックは、MR後にすでに0x0000です。)
ホスト割り当てSRAM
【0x0600〜0x1FFF】
BC実行の
有効化
マスター・コンフィグレーション・レジスタのBCSTRTビットをセットしてBCを有効にします Master Configuration Register 1 (0x0000)

▲ページトップに戻る