HOME > 製品技術資料 > RT設定 > RT動作ステータス・レジスタ(0x0018)

RT動作ステータス・レジスタ(0x0018)

RT動作ステータス・レジスタでは、RTアドレスを設定します。

RTマスター・リセット入力ピンの立ち上がりエッジで、レジスタBit15〜9は対応する入力ピンの状態を取得します。 LOCK Bit9が「0」の場合のみ、レジスタBit15〜9はホストから(または自動初期化)上書きが可能です。 LOCK Bit9が「1」の場合はリード専用です。

RT動作ステータス・レジスタ(0x0018)


ビット 名称 R/W 初期値 説明
15-11
10
RTA4:0
RTAP
R/W 0 RTアドレスBit4〜0
RTアドレス・パリティ
これらのビットは、MRマスタ・リセット入力信号(すなわちアクティブRTアドレス)の立ち上がりエッジに適用される入力ピンRTA4~0の状態を反映します。RTAPビットは、RTアドレス・ビットに適用されると、奇数パリティを提供します。レジスタLOCK BitがHighの場合、ビット15〜10はリード専用です。レジスタのLOCK BitがLowの場合、ホストはこれらのビットを上書きして、ターミナル・アドレスとパリティを変更できます。
9 LOCK R/W 0 RTアドレス・ロック
このビットは、MRマスタ・リセット入力信号の立ち上がりエッジで適用されたLOCK入力ピンの状態を反映します。リセット後、ホストはレジスタLOCK Bit9が「0」である場合のみBit15-9を上書きすることができます。LOCK BitがHighのとき、ホストはレジスタのBit15〜9を上書きできません。これらのビットのホスト書き込み能力を回復するには、LOCK入力ピンをLowにしてMRマスタ・リセット入力信号をアサートして、レジスタLOCK Bit9を「0」に復元する必要があります。
8-6 Reserved R 0 未使用
5
4
3
MCND
MCRD
MCTD
R 0 データ・モード・コマンド無しフラグ
受信データ・モード・コマンド・フラグ
送信データ・モード・コマンド・フラグ
これらの3つのビットは、RT現在コマンド・レジスタに格納されているコマンドのタイプを反映しています。
現在コマンド・タイプ Bit
5-4-3
現在コマンド・ワード
データ・モードコマンド無しフラグ 000 サブアドレス送信/受信
モード・コード、データ・ワード無し 100 MC0〜MC15, T/R Bit=1
モード・コード、受信ワード 010 MC16〜MC31, T/R Bit=0
モード・コード、送信ワード 001 MC16〜MC31, T/R Bit=1
モード・コード、未定義 111 MC0〜MC15, T/R Bit=0
2 RTAPF R 0 RTアドレス・パリティ・フェイル
このビットはレジスタBit15-10に含まれる値に対してRTアドレス・パリティ・エラーが発生するとセットされます。正しい奇数パリティがBit15-10に適用されているときはLowです。
1-0 Reserved R 0 未使用

▲ページトップに戻る