HOME > 製品技術資料 > RT設定 > 割り込みレジスタ設定

割り込みレジスタ設定

割り込みレジスタの設定は、以下の4つのレジスタに対して行います。
● ハードウェア割り込み有効レジスタ(0x000F)
● ハードウェア割り込み出力有効レジスタ(0x0013)
● RT割り込み有効レジスタ(0x0012)
● RT割り込み出力有効レジスタ(0x0016)


ハードウェア割り込みレジスタ

ハードウェア割り込み有効レジスタ(0x000F)

ハードウェア割り込み有効レジスタ(0x000F)

ハードウェア割り込み出力有効レジスタ(0x0013)

ハードウェア割り込み出力有効レジスタ(0x0013)

ビット 名称 R/W 初期値 説明
15 HSPIINT R/W 0 ホストSPI割り込み
予期しない数のSCKクロック・パルスがSPIトランザクション中に発生した。
14 EECKE R/W 1 EEPROMチェックサム・エラー割り込み
自動初期化が有効な場合に適用されます。
RAMPF RAMパリティ失敗割り込み
このビットは、デバイスがRAMパリティ・チェックに失敗したときに1に設定されます。RAMエラーは訂正不能です。
13 RAMIF R/W 1 RAM初期化失敗割り込み
自動初期化が有効な場合に適用されます。
WDTX 送信機ウォッチドック・タイムアウト
バスA、バスB送信機には、それぞれ663μsを超える連続送信を防止するためのウォッチドック・タイマがあります。
12
11
LBFA
LBFB
R/W 0 ループ・バック失敗バスA割り込み(LBFA)
ループ・バック失敗バスB割り込み(LBFB)
RTが送信したすべてのワードに対してデバイスは、ワードの有効性をチェックします。同期、エンコード、ビット数、パリティ・チェックが含まれます。
LBFA Bitは、バスA上の無効/ミスマッチ・ワードを検出するたびにセットされます。
LBFB Bitは、バスB上の無効/ミスマッチ・ワードを検出するたびにセットされます。
10-8 Reserved 未使用
7 RTTTM R/W 0 RTタイムタグ・マッチ
16Bit RTタイムタグ・カウンタは、RTタイムタグ・リロード/マッチレジスタに含まれる値に一致するカウントに増加します。
6-4 Reserved 未使用
3 RTAPF R/W 1 RTターミナル・アドレス・パリティ失敗割り込み
MRの立ち上がりエッジでRT動作ステータス・レジスタ(0x0018)にラッチされたRTアドレスおよび、パリティ・ビットが奇数パリティを示さないときにセットされます。
2-0 Reserved 未使用

RT割り込みレジスタ

RT割り込みレジスタは、3つのレジスタを使用しRT割り込み動作を制御します。 「RT割り込み有効レジスタ(0x0012)」にビットがセットされると、対応するRT割り込みが有効になります。
有効にされた割り込みイベントが発生すると、対応するビットが「RTペンディング割り込みレジスタ(0x0009)」にセットされ、 割り込みログ・バッファが更新されます。
対応するビットが「RT割り込み出力有効レジスタ(0x0016)」に設定されている場合、メッセージの完了時にIRQ出力がアサートされます。


RT割り込み有効レジスタ(0x0012)

RT割り込み有効レジスタ(0x0012)

RTペンディング割り込みレジスタ(0x0009)

RTペンディング割り込みレジスタ(0x0009)

RT割り込み出力有効レジスタ(0x0016)

RT割り込み出力有効レジスタ(0x0016)

ビット 名称 説明
15-10 Reserved 未使用
9 Reserved 書き込み不可、読み出し時0
8 RTMC8 RTモード・コード8コマンド割り込み
RTは有効なMIL-STD-1553「リモート・ターミナルのリセット」モード・コード・コマンドを処理しました。
RTMC8割り込みは、BCが「リモート・ターミナルのリセット」を命令すると、ホストに通知します。
7 IXEQZ RT Index=0割り込み
Indexカウントは、マルチメッセージ・バルクデータ転送で使用されます。
最後に予想されたメッセージが処理されたときに「Index=0」が発生します。
定義されたIXEQZ割り込みイベントは:
(a) シングル・バッファ・モードを使用してサブアドレスを実行している場合、Indexが1から0に減少したとき。
(b) 循環バッファ・モードを使用してサブアドレスを実行している場合、あらかじめ定められた数のメッセージが処理されたとき。
6 ILCMD RT不正コマンド割り込み
RTが、RT不正テーブルで定義された、不正メッセージを検出した。
新しい有効なコマンド・ワードがデコードされ、受信されたコマンドに対応するRT不正テーブル・ビットが1の場合、不正なコマンドが検出されます(有効コマンドの場合、テーブル・ビットは0です)。 不正コマンドが受信されると、RTはMEフラグ(メッセージ・エラー)がセットされたステータス・ワードを送信することによって応答します。データ・ワードは含まれません。
5 IBR RTブロードキャスト・コマンド受信割り込み
ブロードキャスト・コマンドがRTで有効で、ターミナルがブロードキャスト・コマンド・アドレス31宛の有効なコマンドを検出した。
4 MERR RTメッセージ・エラー・ステータス割り込み
RTは、有効なMIL-STD-1553メッセージ処理をしている間、メッセージ・エラー・ステータス・フラグをセットします。メッセージ・エラーは、マンチェスタ・エンコードの問題または、プロトコル・エラーによって引き起こされます。
3 IWA アクセス時RT割り込み
RTは、RTデスクリプタ・テーブルでIWA割り込みを有効にした、有効なMIL-STD-1553コマンドを処理しました。IWA割り込みは、特定のコマンド・ワードが出現するたびにホストに通知するために使用されます。
2-0 Reserved 書き込み不可、読み出し時000

▲ページトップに戻る