HOME > データバス・規格 > MIL-STD-1553 ページ

MIL-STD-1553

歴史

MIL-STD-1553の概要と歴史を説明します。


ハードウェア

MIL-STD-1553は、伝送媒体、リモート・ターミナル(遠隔端末)、バス・コントローラ(バス制御装置)、 バス・モニター(バス監視装置)の4要素からなります。


プロトコル

MIL-STD-1553のバス制御、データ・フロー、ステータス・レポート、管理は、コマンド・ワード、 データ・ワード、ステータス・ワードの3ワードにより提供されます。


メッセージ・フォーマット

MIL-STD-1553は、10の型のメッセージ送信フォーマットを定義します。メッセージ・フォーマットは、 「情報転送フォーマット」と「ブロードキャスト情報転送フォーマット」の2グループに分かれます。


モード・コード

モード・コードは、バス・コントローラにデータ・バス管理とエラー処理/回復能力を提供するために、 規格により定義されます。モード・コードは、データ・ワード有りと、なしの 2 つのグループに分けられます。


バス接続

MIL-STD-1553ターミナル・システムの接続は、3つの方法がサポートされています。

  • 直接結合
  • 変圧器結合
  • 一部スタブ直接結合、一部スタブ変圧器結合

アプリケーション

  • サブアドレスの使用
  • 拡張サブアドレス
  • メジャー/マイナー・フレーム・タイミング
  • バス負荷

▲ページトップに戻る