用語


ASMヘッダ
ASM HEADER
Anonymous Subscriber Messaging(ASM:匿名サブスクライバ・メッセージング) Header データ送信ノードと、そのノードの通信状態に関する情報を含むヘッダ
非同期
ASYNCHRONOUS
(1)   通信デバイス間で共通のクロックを必要としない伝送技術に関する。タイミング信号はデータストリーム自体の特殊文字から派生します。
(2)   同期していない、発生または同時に存在するまたは、同じ期間または位相を持っていない。
非同期ストリーム・パケット
ASYNCHRONOUS STREAM PACKET
アイソクロナス・パケットは公正なインターバルまたは、非同期時間フレームで発生します。データ送信は、非同期のアービトレーション規則によって行われます; しかし、ターゲットノードからAckパケットや応答の返信はありません。
非同期トランザクション
ASYNCHRONOUS TRANSACTION
トランザクションは、非同期アービトレーション規則に従って行われます。トランザクションは常にリクエスト/レスポンストランザクションであり、データデリバリーのAckパケット応答を提供します。
ビット・エラー・レート
BER
Bit Error Rate(ビット・エラー・レート)は、シリアル伝送システムの品質に関するパラメータである。BERは、伝送で受信した総ビットに対するエラーを有するビットの割合である。BERは通常は、10の累乗で表されます。
ビッグ・エンディアン
BIG ENDIAN
メモリ・アドレッシング・アーキテクチャについて説明すると、与えられたマルチバイト数を表現するのに、最上位バイトが最下位(ワードはビッグエンドが最初に格納されます)のアドレスを持っています。 ビッグ・エンディアンのバイト順序は、「ネットワーク順序」とも呼ばれます。
ブランチ
BRANCH
ノードは物理的に複数のノード(すなわち、2つ以上のポートが接続されている)に接続されている。
バス
BUS
各CCブランチに接続されている、1394ツリーのひとつ
バス・マネージャ
BUS MANAGER
バス上に存在する1つのノードが、バス上に存在するすべてのノードの通信のためにシリアルバスサービスを提供するために選択することができる。
制御コンピュータ
CC
制御コンピュータ。CCはルート・ノード、サイクル・マスタ(使用する場合)、および、それぞれのデータ・バス用のバス・マネージャである
CCブランチ
CC-BRANCH
冗長なリソースのセット(例:CCは、自身のバスとリモート・ノードを含む)
チャンネル/チャンネル番号
CHANNEL/CHANNEL NUMBER
アイソクロナスと非同期ストリーム・パケットの指定を意味する。データは特定のチャンネル番号のバスへ送信される。 データを受信することを望むバス上のノードは、そのチャンネル番号宛てのパケットを受け入れるようにコンフィグレーションされる
CORBA Common Object Request Broker Architecture(コモン・オブジェクト・リクエスト・ブローカー・アーキテクチャー:CORBA)、コンピュータアプリケーションが、ネットワーク上で連携するために使用するOMEオープン、ベンダに依存しないアーキテクチャとインフラ。 CORBAは分散オブジェクト環境の基盤となるソフトウェアの仕様や通信規約などを定めたもので、CORBAに対応したコンポーネント同士はプログラミング言語やOSの違いによらず通信することができ、また、ネットワークを介して異なるコンピュータ上で実行されているコンポーネントの機能を呼び出すこともできる。
巡回冗長検査
CRC
Cyclic Redundancy Check(巡回冗長検査):チェック加算アルゴリズムが生成され、1394ハードウェアによって検証されます
サイクル・マスタ
CYCLE MASTER
定期的(125μsec)サイクル・スタート・パケットを生成するノード
データポンプ
DATA PUMP
統合とテストをサポートするために、バスに置かれる、内部機器ソフトウェア・パラメータまたはメモリ値
フレーム
FRAME
連続したSTOFメッセージ(例:10.0msec)間の時間間隔
アイソクロナス
ISOCHRONOUS
時間的に一様(つまり、等間隔)で、一定の間隔で繰り返し発生する。特定の最小データレートを提供することを保証する、データ伝送形式で、映像や音声などの時間依存データに必要である。 アイソクロナス転送は、同期データリンクを介して非同期データを送信します。その結果、個々の文字は、ビット長間隔の整数分で分離されています。 これは、非同期転送と対照的であり、文字は任意の間隔で分割し、同期転送をすることができる。
アイソクロナス・リソース・マネージャ
ISOCHRONOUS RESOURCE MANAGER
利用可能なチャンネル、利用可能な帯域幅、バス・マネージャIDの登録をノードが維持する。
アイソクロナス転送
ISOCHRONOUS TRANSFER
データ伝送方法であり、一定の時間間隔(125μsecの整数倍)で等間隔で発生する。

LEAF
ノードは、物理的に唯一の他のノード(つまり一つのポートのみが接続されている)に接続されている
リンク層
LINK LAYER
データ転送サービスを定義する、シリアルバス層。それはまた、アドレッシング、データチェック、データフレーミングを提供
LRC Line Replaceable Component.
LRU Line Replaceable Unit
メッセージ
MESSAGE
メッセージの古典的な定義とは異なり、この実装では1つのパケットを包含することができるデータ量にメッセージを制限する
ノード
NODE
アドレス可能なデバイスは、少なくとも最小の制御レジスタセットでシリアルバスに接続されている。あるノードで制御レジスタを変更しても、他のノードの制御レジスタに影響しません。 ノードは1つまたは複数のポートを有することができます
ノードID
NODE ID
ノードを一意に識別する16Bit数(10Bitバスアドレス、6Bitノードアドレス)。ノードIDはバス・リセット後に変更することができます
ペイロード
PAYLOAD
メッセージ内に含まれる有益な情報またはデータ(ASMヘッダやVehicle Trailerを除いたパケット・データ領域の部分)
ポート
PORT
ノード内の物理層エンティティ:ケーブルに接続し、他のノードとの物理的な接続の一端を提供する
物理層
PHY LAYER
シリアルバスメディア上の電気信号に、リンク・レイヤが使用する論理記号を変換するシリアルバス物理層。PHYは、バスにアクセスするためにノードに対してアービトレーションタスクを実行する責任があります
クアドレット
QUADLET
4Byteまたは、32Bitデータ
リモート・ノード
REMOTE NODE
バス上のCC以外のノード
ルート・ノード
ROOT NODE
最上位のノードIDを持つバス上のノード。ルート・ノードは、サイクル・マスタで、IEEE-1394バスでアービトレーション(調停)を解決する責任があります。 IEEE-1394は、ホストを介在せずに、ピア・ツー・ピアでデータを転送できます。 どのノード(デバイス)がバスの所有権を得るのかを決定するための、アービトレーション(調停)を行わなければなりませんが、 バスの権利を与えるのはルート・ノードです。これはバス・リセット(ノードの接続または取り外し後のバス初期化状態) 後のバスの接続状態(ツリー構造)識別 時に割り当てられます。
STOF
STart Of Frame
各CCによって定期(フレーム)レートで送られるパケット
トランザクション
TRANSACTION
リクエストとオプション、対応する応答
垂直パリティ・チェック
VPC
垂直パリティ・チェック。パケット内のデータの二次的な検証
XOR 排他的論理和

▲ページトップに戻る