HOME > データバス・規格 > ARINC 825 ページ

ARINC 825

概要

ARINC 825/CANの概要について説明します。

  • CANの基本概念
  • ネットワーク・ドメインの説明
  • CAN プロトコル・アーキテクチャ

物理層

ARINC 825/CANの物理層について説明します。

  • ノードの特性
  • 電磁的な保護要件
  • バス電圧
  • CANバス速度 VS. バス長
  • ビット・タイミング
  • 設計の考慮事項
  • ケーブル特性
  • コネクタ/コンタクト特性

データ・リンク層

データ・リンク層について説明します。

  • フレーム・タイプ
  • データ・フレーム
  • エラー・フレーム
  • リモート・フレーム
  • オーバーロード・フレーム
  • 調停
  • ビット・スタッフ
  • エラー処理

ARINC 825通信

  • ARINC 825 通信タイプ
  • 論理通信チャンネル(LCC)
  • 1対多アイデンティファイヤ構造
  • 指示メッセージ・アイデンティファイヤ構造
  • ピアツーピア・アイデンティファイヤ構造
  • 通信プロファイル

帯域幅管理

  • バス負荷の計算
  • 帯域幅管理の例
  • 最大バス負荷

冗長性管理

  • 二重冗長
  • 三重冗長
  • 冗長データの管理

▲ページトップに戻る